広島まるごとLOG

管理人が広島県のことをいろいろ書いてみるブログです。

*

宮島の二つの顔

      2016/04/16

Pocket


幼なじみが、広島に来ることになりました。

 

彼曰く、「広島は、高校の修学旅行以来だよ」。仲間とワーワー騒いで、覚えていることはあまりないそうです。修学旅行の記憶って、そういうものですよね。

 

「水の上に浮かぶ鳥居だけは、さすがに印象に残っているけれど……」と言っていました。

 

かつての私もそうだったのですが、彼のように「宮島=厳島神社」と思っている人も多いので、今回はその誤解も解きたいと思っています。

 

実は島そのものが神域(御神体)で、厳島神社は宮島(正式名称は厳島)のほんの一部です。


平安時代末期に平清盛によって、現在の壮麗な社殿が建てられたわけですが、それ以前、太古から既に島は人々の信仰の対象でした。

 

その名残でしょうか、弥山(みせん)の頂上には巨石建造物があります。そして島の原生林に手を加えることは現在でもタブーです。

 

そのため、日本古来の植生が残っています。少なく見積もっても3千年前の姿をとどめていると考えられます。

 

瀬戸内海気候ですので、一概には比較できませんが、『古事記』や『万葉集』に出てくる植物と照らし合わせてみるのも面白いでしょう。

 

また島の風習も着目に値します。宮島には墓地もお墓もありません。戦前は耕作が禁じられていたため、対岸から船で渡ってくる物資が島民の食生活を支えていました。

 

こういった、修学旅行のイメージとは別の宮島の顔にフォーカスしつつ、一緒に歩いてみる予定です。

 

もちろん厳島神社も見どころですので、外しません。厳島神社の催事が取り上げられている竹西寛子の小説、『霊烏』を一読することを薦めておこうと思います。短編集『鶴』に収録されています。

 - おすすめスポット

  関連記事

意外に近い四国

今日は岡山の友達と、岡山駅で待ち合わせをしました。前職の時はよく来ていたのですが …

しまなみ生口島の魅力

夏といえばやっぱり海。広島は瀬戸内海に面しているので、海水浴場がたくさんあります …

私の休みの日課

9月も終わり。もうすぐ10月といえば、ほぼ秋でございます。季節が巡り、夏が終わっ …

エンジェルパルテの心配り

先日、私と主人の結婚記念日でした。主人は県外出身ですが、結婚式には会社の上司をた …

待ち合わせ場所

私は現在子育てに奮闘中で、広島市内の繁華街まで買い物をしに行くことがめっきりなく …

路上観察学

路上観察学なるものにハマったのは、もうずいぶんと前のことです。   「 …

リユースでエコ!

近年、地球環境を考えた取り組みが様々な分野で行われています。リユースお行う古着屋 …

白い景色

『尾道の瀬戸田町に不思議な所があるから行ってみて、未来心の丘って言うらしいよ』 …

広島の港

先日、宇品港から出ている銀河という船でクルージングしてきました!3時間くらいの船 …

植物を通じて

広島市佐伯区に「広島市植物公園」というところがあります。そこでは季節によって様々 …